精神症状は比較的軽いですが、体の不調が強く出る傾向があります

サイトメニュー

自分で自覚することが重要

女性

日々の生活を振り返ろう

うつ病は気分障害の一種と言われており、物事に対する興味関心が無くなってしまったり、今まで簡単に出来ていたことが難しくなるなどの特徴があります。この疾患は個人差はありますが誰でも発症する可能性があり、一般的に責任感が強くて真面目な人が発症しやすいと言われています。うつ病は徐々に進行していくタイプの疾患で、特に初期症状の物は仮面うつ病と呼ばれています。仮面うつ病は気分が落ち込むといった精神的な症状よりも、食欲が無い、倦怠感が激しいといった身体症状が強く現れるという特徴があります。仮面うつ病は精神的、肉体的な疲労が蓄積されていることを示すサインであるため、早めに休暇を取るといった対策を行うことが重要となります。自分が仮面うつ病であるかを診断する方法として、うつ病チェックリストを利用する方法が挙げられます。チェックリストは精神医学に基づいた内容となっているため、得られた結果は信憑性が高いというメリットがあります。自分自身の状態を客観的に評価することもできるため、自分でも気付かなかったことが分かるという利点もあります。チェックリストを用いた診断は病院だけでなく、医療機関のサイトでも無料で受けることが出来ます。自宅でも簡単に診断をすることが出来るため、仮面うつ病の早期発見に役立ったと評判となっています。

仮面うつ病の診断が行えるサイトは多く存在するため、その中でも自分に最も適した物を選ぶ必要があります。一般的な選ぶ基準はチェックリストで質問される項目の数であり、質問数が多いほどより詳細なデータが得られやすいという傾向にあります。そのため、自身の状態を詳しく知りたいという場合は質問数の多いチェックリストでの診断を行うのが望ましいと言えます。病院や診療所へ行こうと考えている場合、その施設で公開されているチェックリストを活用するという選び方もオススメです。前もって診断を行っておけば医師と面談した際もスムーズに自分の状態を伝えることができ、その後の治療においても大いに役立つことが多くなっています。特に、得られた結果をコピーなどして提出すれば情報提供が上手くいくことが多いので、可能ならばコピーしておくのが良いでしょう。診断の結果ではうつ病の初期である仮面うつ病と診断されても、別のチェックリストでは該当しなかったり、より症状の重い状態であると言われることもあります。そのため、十分な結果が得られていないと感じたら別のチェックリストを使用してみたり、実際に医師に面談してもらいながら診断をすることも重要であると言えるでしょう。

Copyright© 2019 精神症状は比較的軽いですが、体の不調が強く出る傾向があります All Rights Reserved.