精神症状は比較的軽いですが、体の不調が強く出る傾向があります

サイトメニュー

長引く体調不良の正体

医者

病院に行く前に確認してみよう

老若男女問わず誰にとってもかかるリスクのある精神疾患、それがうつ病です。一言でうつと言っても実は様々な種類にタイプわけされ、治療方法や投薬内容についても人それぞれ。仮面うつ病というのも最近よく耳にする症例のひとつで、たびたび新型のうつだと勘違いされやすいのですが、この仮面タイプは1950年代と意外と古くからその概念は存在していたという事がわかっています。仮面うつ病とは、書いて字のごとく仮面を被ったようなうつです。比較的うつレベルでいうと軽傷な患者さんに多く見受けられるのですが、一見してうつと分かりにくいのが難点です。どのような状態か簡単にいうと、よくある気分が落ち込んでやる気が起きない鬱状態、不眠、食欲減退という精神的な症状よりも頭痛、腹痛、めまいなどの身体的症状ばかり出るタイプがこの仮面うつ病と診断されます。頭痛や肩凝りが主訴の場合、まず心療内科にかかる人はいないでしょう。頭痛外来や内科を受診したり、脳神経などを疑ったりするはずです。そこでCTをとったり血液検査をしたりしてもこれと言った病気がなく、異常なしと診断されるケースが多いのです。長引く身体的症状がある人は必ずうつのチェックリストも確認してみましょう。チェックリストはインターネットでも簡単に検索することができます。

仮面うつ病のように一見してうつと分かりにくい症状の場合、本人はもちろん家族や同僚から気付いてもらうというのも難しい状態です。精神的症状がある場合は家族からの勧めで心療内科を受診というパターンは多くありますが、頭痛や腹痛を訴えている人に心療内科を勧める人はそういないはずです。病院を受診する前に、家族や同僚に対して受診を勧める前にチェックリストをあらかじめ確認しておくと治療開始がスムーズです。よくある定型のうつ病に見られるチェックリストでは、気分が落ち込む、意欲がわかない、夜あまり寝られない、否定的な思考になる等、気持ち面の判断項目が多いように見受けられます。一方の仮面うつ病での項目でいうと、腹痛が続く、原因不明のめまいや首の凝りに困っている、便秘や下痢を繰り返す、健康診断では何も異常を指摘されていないなど身体的な症状を確認する項目が多いようです。病院ではこのような症状のことを不定愁訴と呼びます。日毎に色んな症状で悩まされることです。心療内科以外の病院だと自律神経失調症だとかホルモンバランスの乱れなどと言われたり、女性であれば更年期障害と言われたりすることもあります。しかし、仮面うつ病の場合、しっかり見てみると実は仕事や家族について悩みを抱えていたり、幼少期からの成長過程に問題があったりと、うつとしての障害も持ち合わせているのです。長引く症状の影に潜む心の闇を見逃さないようチェックすることが大切です。

Copyright© 2019 精神症状は比較的軽いですが、体の不調が強く出る傾向があります All Rights Reserved.