精神症状は比較的軽いですが、体の不調が強く出る傾向があります

サイトメニュー

新しいうつ病の種類

その他

身体的症状が現れます

仮面うつ病という病気をご存じでしょうか。仮面うつ病は、うつ病の症状が身体的なものしか現れないという特徴を持つものです。うつ病の症状の多くは、慢性的な疲労感や倦怠感、意欲の低下など精神的な部分に現れ、それに伴い頭痛、吐き気、疲れやすいなどの身体的症状が現れるのが普通です。仮面うつ病は、後者のような身体的症状が先に現れ精神的症状がほとんど出ないため、自分も周囲も気づきにくく、発見が遅れ治療が難しくなるというケースが多くあります。また、特に真面目で責任感の強い人ほどうつ病になりやすい傾向にあるので、体の不調を深刻にとらえず仕事や家事をいつもと変わらず頑張ってしまい、症状が悪化してしまうというケースも少なくありません。周囲に悩みやストレスをうまく伝えることが出来ない、我慢強い、気が小さいというような人も要注意です。症状が悪化すると、身体的症状もひどくなり、それに伴い意欲の低下や憂鬱感など精神的症状が現れる場合もあり、そうなるとさらに治療に時間がかかるようになってしまいます。早期発見するためにも、自分が仮面うつ病ではないかと感じたら、チェックリストに沿って確認をしておくと良いでしょう。チェックリストには、多くの項目があります。

仮面うつ病であるかどうかのチェックリストの項目としては、はいいいえで答える形式で、体が疲れやすいですか、首筋や肩が凝っていますか、などの項目があります。すべての項目に答えていくと、自動的に仮面うつ病であるかどうかの自動判断が出来るサイトがいくつかあります。疑いが濃厚というような結果が出たら、チェックリストの結果を持参してすぐに病院を受診しましょう。身体的症状が強いといっても、その原因はうつ病にあるため、普通の内科へ行っても解決にはなりません。心療内科や精神科を受診し抗うつ剤を使った投薬治療を行っていくことで、少しずつ完治に近づけることが可能です。また、自分では気づかないようなストレスや不安を抱えていることもあるため、医師とのカウンセリングも定期的に行うことが重要です。人と対話することでストレス発散にもつながるので、指定されたらカウンセリングにはしっかり通うようにしましょう。仮面うつ病は、きちんと治療を行えば完治することが可能です。そのためにも、早期発見することは非常に重要です。体の不調を感じ内科を受診しても原因が分からない、頭痛などの症状が慢性的にずっと続いているというような場合は、仮面うつ病を疑ってみましょう。

Copyright© 2019 精神症状は比較的軽いですが、体の不調が強く出る傾向があります All Rights Reserved.